食事療法で症状が緩和|逆流性食道炎を引き起こす睡眠時無呼吸症候群の改善
ドクター

逆流性食道炎を引き起こす睡眠時無呼吸症候群の改善

食事療法で症状が緩和

聴診器とカルテ

潰瘍性大腸炎は大腸が炎症を起こしている状態の為、炎症の刺激につながる様な食材の摂取は控えた方が良いです。その為、食事制限を行うだけでも症状の緩和につながります。潰瘍性大腸炎の場合は脂質の質に気を付ける必要があります。動物性の脂質は炎症の悪化を招いてしまうので植物性の油をとるようにしましょう。潰瘍性大腸炎は炎症により大腸の腸壁が傷ついています。その為、腸壁の修復にはたんぱく質が効果的になります。特に高たんぱく質な食材を中心に献立を考えていきましょう。高たんぱく質な食材は、肉で言えば鳥ささみになります。さらに卵もたんぱく質を多く含むので親子丼などは潰瘍性大腸炎の病理食としては最適でしょう。豆腐やリノレン酸を含む魚もたんぱく質が高いので摂取していきましょう。潰瘍性大腸炎を治療する時には体が炎症箇所の修復にエネルギーを沢山使います。食事でエネルギーの補給は出来るのでいつもの食事より高カロリーを意識する事も大事です。高カロリーで大腸に優しい食材は、ごはんやうどんなどの主食にあたります。炭水化物はカロリーが高い為、食事を行う際には抜かない様にしましょう。食事で必要なカロリーが摂取出来ない場合は、ビスケットやクラッカーなどでカロリーを補いましょう。潰瘍性大腸炎の人が避けたい食材には豆類やキノコ類、海藻などが存在します。これらの食材は不溶性の食物繊維の為、炎症の悪化につながってしまう事もあります。当然刺激の強い調味料や香辛料は避けて調理を行いましょう。