適切な治療で完治可能|逆流性食道炎を引き起こす睡眠時無呼吸症候群の改善
ドクター

逆流性食道炎を引き起こす睡眠時無呼吸症候群の改善

適切な治療で完治可能

看護師

骨の癌である骨肉腫には3つのステージがあります。ステージによって症状や進行具合が異なります。ステージ1では基本的に骨以外の箇所への転移は考えられません。骨肉腫による痛みや腫れも比較的軽い状態と言えます。ステージ1では癌細胞が骨の中や外に留まっている状態です。この状態であれば、抗がん剤の投与や放射線治療で骨肉腫の治療を行えます。初期段階ともいえるこの状態で癌細胞を除去する事が重要になってきます。

ステージ2ではステージ1に比べて悪性度が高くなってしまいます。骨肉腫という病気は他の癌に比べても進行具合が早い為、ステージ1を超えると悪性度が一気に高まってしまいます。ステージ2では腫瘍の大きさが8センチ程度になっている為、骨の内側に留まっているのか骨の外側に広がっているのかで治療方法が変わってきます。ステージ2の場合は体力がある場合は抗がん剤の投与を行い治療していきますが、体力に自信のない方は放射線治療で治療を行っていきます。又、進行具合によっては部分的な骨の切除を行う必要もあります。骨肉腫になっている部分の骨の切除は腫瘍部分によって変わってきますが、昔の様に全摘出はほとんど行われません。部分的に骨を切除した場合も人工骨を移植し術後の生活を行いやすい様に考えられています。ステージ3になると骨以外にも癌の転移が見つかっている状態になります。骨に存在する腫瘍は外科手術で取り除き、他の箇所に転移した癌細胞には抗がん剤の投与や放射線治療を行っていきます。骨肉腫は適切な治療と手術を行う事で完治も難しくはありません。